Advanced Part Search

ケーブル アセンブリー

ケーブルアセンブリー概要

3つの最も一般的なコネクタ·システム構成の内の二つは、ケーブル対基板、ケーブル対ケーブルです。これらのシステムの双方はいずれも、電線(ケーブル)終端を処理するため少なくともコネクタ1個を必要とします。エンドユーザー各社様は、通常、この2つの方法のいずれかでコネクタのケーブル配線を行います- 自社内でケーブルを組み立てるかあるいは、外部の加工業者へケーブル組立作業を委託します。一度自社内で組み立てを行ったかあるいは、現在の受託業者が御社の基準を満たしていない場合で、今後の組み立て作業外注委託先をお探しの場合は、Positronicがそのご要望にお応えできますしまた、御社のこれからのケーブルアセンブリー/ワイヤハーネスプロジェクトをお引き受けできる用意ができています。また、喜んでコストなどのご相談に応じさせていただきます。機会を与えていただければ、御社のサプライチェーンにさらに多くの価値をもたらす方法をプレゼンテーションさせていただきます。ここに最初のステップとしてご連絡をいただきたい御社最寄りの販売代理店をご紹介させていただきますので是非一度ご連絡ください。

 

サポート機能

  • 設計、開発、エンジニアリングサポートとドキュメント作成 カスタマープリントの構築
  • BOM上の資格のある取引先の拡大を支援
  • Assist in expansion of qualified suppliers on BOM
  • ISO9001とAS9100の認証取得
  • IPC620基準の遵守
  • 製品のプロトタイピングと初回品検査(FAI)
  • 電気的および、機械的試験

製品&サービス

  • ケーブルおよび、ワイヤーハーネスアセンブリ
  • EMI / RFI、遮蔽アセンブリ
  • 同軸ケーブルアセンブリ
  • ボックスビルド
  • キッティングサービス
  • インクジェット&レーザーマーキング
  • バーコーディング&シリアライゼーション
  • オーバー・モールディング
  • ポッティング
  • 静電制御作業領域提供

お取引先業界

  • 軍事/航空宇宙
  • テレコム/データコム
  • 工業/産業
  • 医療
  • 運輸&鉄道

J2496 トランスポートエリアネットワーク

ビルド・トゥ・プリントケーブルアセンブリに加えて、Positronicもまた、SAE J2496規格で指定されたガイドラインを満たすあるいは、それを凌駕するジャンクションボックスとケーブルを製造しています。詳細はこちら