Advanced Part Search

プレスフィットコネクタ

その名称から想像できる通り、プレスフィット(圧入式)コネクタは、プリント回路基板(PCB)上で適切な寸法で配置されためっきスルーホールを介して圧入装着することができます。この技術は、はんだ付けの代替であり、従来のカウンターパート方式よりも多くの利点を提供します。プレスフィットコネクタを使用すると、はんだ付けに伴う以下のマイナス面を排除することができます:プリント基板上の熱応力、はんだ特有のコールド・ジョイント、ソルダリングショート(半田ブリッジによって生じる)、および鉛フリーはんだの排除などの一連の問題。プレスフィットコネクタは、修理も簡単、より環境に優しく、また、コスト効果的です。

プレスフィットコネクタの特徴

圧入技術は、PCBの電子機器を組み立てる際メーカーのはんだ付けを回避することができます。ピンがPCB上のめっきスルーホールに圧入されたときに、圧入接続が形成されます。

ソリッドピン(圧入中に捻じれない)および、コンプライアントピン(圧入中に圧迫あるいは、「コンプライ」する)を含む異なる種類のプレスフィットコネクタがあります。ソリッド圧入技術が開発されたとき、デザイナーやメーカーはソリッドプレスフィットコンタクトによって引き起こされる恐れのあるボードの損傷を懸念しました。問題に対処するため、コンプライアント圧入技術が開発されました。今日では、圧入プロセス中の力が少なくて済むこと(よりダメージも少なく)また、より信頼度の高い結果を生成できることでPCB上の問題が解消されたため、コンプライアントピンは、一般的に好ましいとされています。双方のタイプが、現在でも使用されていますが、コンプライアント技術は、より便利で効果的(したがって、より一般的)になる傾向があります。

Positronicは、バイスプリングパワー・プレスフィット終端によりさらに一歩進んだコンプライアント・プレスフィット技術を採用しています。コンプライント圧入技術がソリッド圧入方法を大幅に改善しましたが、適切な圧入のために未だ大きな力を必要とするためPCBとバックプレーンの損傷リスクは完全には払拭されていません。バイスプリングパワー・プレスフィットコンタクトはこれらの圧入力を低減します。また、衝撃や振動環境における安定性を増加させるため取り付けネジを追加しました(カップリング、アンカップリングおよび、不安定な環境がPCBあるいは、バックプレーンに伝わらないよう)。加えて、いくつかのバイスプリングパワー・プレスフィットコネクタは高価な圧入装置の必要性を解消します。

それらが適切に使用されれば、穏やかな環境あるいは、苛酷な環境で使用されているか否かを問わずプレスフィット終端は、強力で信頼性の高いサービスを提供します。

用途

プレスフィットコネクタは、データや通信から輸送やメカニックなどあらゆる種類の用途に利用されています。高信頼構造、機能性、効率性および、無はんだ技術がもたらす数々の利点を備えたプレスフィットコネクタの評判は非常に良好です。企業は多くの場合、それらのコネクタのいくつかの終端オプションを提供しますが、通常圧入技術はそれらの利用可能なオプションの中に取り入れられています。

製品

 

infinity connectorPositronicはコンプライアントピンの圧入技術を活用した多くの異なるプレスフィットコネクタを提供しています。例えば、インフィニティハイパワーシリーズでは、低挿入抜取力条件を満たしたコンプライアントプレスフィットシステムを使用してPCBおよび、バックプレーン損傷を低減します。インフィニティコネクタは、高電力密度、大接触表面積コンタクトシステム、優れた通電性能も備えています。プレスフィット終端型を提供するその他の製品には、標準密度D-サブミニアチュアコネクタ、コンボ-D コネクタ、特に、コンパクトパワーコネクタシリーズが挙げられます。これらのコネクタはすべて、多様な終端スタイルのみならず、幅広い付属品の選択肢も提供します。