Advanced Part Search

活線挿抜

活線挿抜

仕事や業務の上で時間を止めて、作業を中断したことはありませんか? 一度に多くの作業が発生し、他方を犠牲にし、優先的に行わなくてはならない作業を進める。 どなたでもご経験がおありでしょう。 結局は一度に複数の作業を行うのが困難な場面です。

このことは、ハイエンド·コンピュータにも同様に当てはまります。システムをシャットダウンせずにコンピュータを変更することが難しいとしても、このメソッド(ホットスワップとして知られる)は、システムを稼働させるため非常に便利なオプションです。この方法は、迅速且つ容易に実行可能で、非常に便利です。ホットスワップは、電源を切らずに、技術者が、システム·コンポーネントを追加、削除、または交換することができます。実際には、特定のコンピュータ・システムはバックアップ用の回路が設計上組み込まれているので、ホットスワップ中に幾つかの部品が取り外されても、冗長部品がその機能を引き継ぐことができます。。

活線挿抜コネクタの特徴

活線挿抜を機器に損傷を与えずに成功裏に実行するためには、専用の「活線挿抜コネクタ」が必要になります。これらのコネクタのピンは他のピンが接続される前に、幾つかのピンが接続するようピンの長さを変えてあります。 「シーケンシャル嵌合」と呼ばれるこのデザインの詳細は、(長い)グランド·ピンが残りのコンタクトが嵌合する前にいち早く接続できるよう設計されています。より高度なホットスワップコネクタでは3本以上の異なる長さの端子を備えています。この構造により、最初にコネクタ自体を接地させ、次に、データラインを接続し、最後に電源を入れることを可能にします。このアーキテクチャは、しばしば、「先ず接地、最後に嵌合を有効に」と呼ばれています。もちろん、これらの段階はすべて、ピンの長さの違いが小さい(僅か数ミリ)ので挿入中に立て続けに起こりますが、これが重要な意味を持ちます。

用途

活線挿抜コネクタは、中断することなく、それら機能システムを変更、修復あるいは、追加したいときに使用されます。機器をシャットダウンし、再起動には時間がかかり、コストもかかる可能性があるため時には、便宜的に使用されています。そうでない場合には、100%に近い稼働率を確保するために変更が行われている間でさえも、システムが(例えば、サーバ)アクティブのままであることが重要です。

システムをシャットダウンすることなく、追加あるいは、取外しできるコンピュータ機器は、「ホットブラグ-活性交換」と見なされますが、システムをシャットダウンした上でしかコンピュータ機器を追加あるいは、取外しできない場合は、「コールドプラグ」という名称が付けられています。一般的に、メモリとCPUは、コールドプラグです。

hot swap connectors

製品

Positronicのホットスワップコネクタに関心をお持ちでしたら、コンパクトPCI用の人気の “P47″パワーインプットコネクタを含むコンパクトパワーコネクタシリーズで検索してみてください。PCI産業用コンピュータ製造業者·グループ(PICMG)によって起草された、このコンピューティング仕様では、ホットスワップ機能用の段階的な電源ピンを備えたパワーコネクタが必要です。ほぼすべてのPositronicパワーコネクタは、多くのシステムでのホットスワップ使用を容易にする3段階シーケンシャル嵌合のオプションがあります。今直ぐ、チェックしてみてください!