Advanced Part Search

MILコネクタ

MILコネクタ概要

厳しい軍用規格を満たす軍用のMILコネクタは、軍の要求に適合するように設計された耐久性と信頼性の高い製品です。様々な用途に利用され、多くの形や大きさで販売されており、海軍艦船の通信室から戦場の前線までのどこででも見かけることができます。兵士と同様に、これらのコネクタは共に強力で精巧です。

MILコネクタ

MILコネクタの特徴

MILコネクタは、もともと厳しい空軍用および戦術的なサービスアプリケーションのために1930年代に開発されました。近代的な軍用円形コネクタ規格が設定され、陸軍·海軍シリーズ(タイプ「AN」)は、すべての軍用コネクタ後継シリーズに影響を与えました。それらは、非公式に「ミルスペック」コネクタと呼ばれ、航空宇宙、工業用、船舶用、および自動車産業で使用されているにもかかわらず、これらのコネクタは、軍用規格(「MIL-STD」)として知られています。軍事用途に使用されるコネクタの最も一般的なタイプは、円形(すなわちD38999)または長方形コネクタ(すなわちM24308)が挙げられます。ほとんどの軍用コネクタは米国で設計されていますが、それらは、世界各国で販売され出荷されています。

MILコネクタの一連のシリーズは、均一性、精度、強度のためのミリタリーアフィニティを反映して、その用途は軍事用のサービスを支援します。それらのコネクタは、さまざまなベンダーからの購入を容易にするため、ミルスペックに従って製造され、軍用部品番号が表示されています。

用途

毎年、軍事技術が進むにつれて、MILコネクタの新しい用途が生まれています。MILコネクタは頻繁に通信、ナビゲーション、レーダー、空中、海洋誘導制御、および電子戦などの軍事用途に使用されていますが、新たな需要は一貫して新しい用途と新しい要件を生み出しています。年月を経て、コネクタは、小型化、軽量化が進み、帯域幅およびセキュリティは向上し、エネルギー消費量は減少しています。それらのコネクタは、強力かつ、強度が高まって、それぞれの現場の環境と危険性に対応してきました。また、これらのコネクタは、焼けるように酷暑、強風、さらには鉄砲水にも耐えるに十分な耐久性を備えて、戦闘に対応します。乱気流に巻き込まれた航空機であろうと、悪路を突破するトラックあるいは、海の嵐に翻弄される船舶であろうと、過酷な状況下の移動手段でコネクタが抜け落ちることのないよう、衝撃や振動条件に対する耐性を備えています。

軍事用コネクタが過酷な環境に耐えられるよう特殊なインフラストラクチャ製品が利用されます。それは、例えば、軍事通信システムでは、ノイズの影響を受けない光ファイバー技術を利用することによって、長距離をサポートし、高帯域幅能力を備えているので、音声、映像、データ等の種々の用途に利用することができます。さらに、多くのメーカーの生産量が増えるに従ってファイバーコストが低下する結果、手頃な価格による調達がより可能になってきています。光ファイバーも保護等級(IP)規格での設計(IP67コネクタをご覧ください)が具現化し始めています。それらのコネクタは、装甲ファイバケーブルおよび、耐衝撃性ファイバーパッチケーブルのようなカスタムスタイルで提供されています。

製品

Positronicは、MILコネクタを幅広く提供しています。これらの中で最も人気のあるのは、D-サブミニチュア製品ラインであり、そのミルスペックバージョンは部品識別番号「M24308」で販売されています。これらのコネクタは、幅広いユーザーベースと良く理解されたテクノロジーを持つソリッドで、信頼性の高い製品です。M24308コネクタ用Positronic適合製品リスト(QPL)は、業界で最も品揃えが豊富なリストです。

Positronicからのもう一つの人気のミルスペックコネクタは長方形ラック&パネル製品です。多くのサイズが16ピン数で入手可能で、ミルスペックバージョンは、部品識別番号「M28748」で販売されています。ソリッドな機械加工によるサイズ16コンタクトはミルスペックコネクタで、信頼性の高い電源コネクタ機能を提供します。これらの軍用のコネクタは、複数のバックシェルオプションを含む大規模な付属品の選択肢を備えています。