Advanced Part Search

宇宙産業用コネクタ

宇宙産業用コネクタ概要

宇宙産業用コネクタ近年では、人間だけでなく、あらゆる物体も無事に宇宙空間に達することができます。宇宙旅行は、高価で排他的、かつ高度に選択的であるため、宇宙産業が自ら使用する電子機器を支援するためのスペース用コネクタを発注するときは、唯一最高の製品のみが基準目標に達することができます。理想的には、宇宙コネクタは、稼働効率が良いだけではなく、過酷な環境条件に耐える信頼性と耐久性(一旦地球の表面を離れたら修理が一般的に不可能であるため)を備えた目立たない存在(搭載されている他の機器の妨げにならないように)である必要があります。要件をリストアップするには時間がかかりますが、仕事は重要なものです。スペース用コネクタが月へのロケットに搭載されるためには、すべてのこれらの要求事項を満たす必要があります。

宇宙産業用コネクタの特徴

宇宙船あるいは、衛星に搭載されるか否かにかかわらず、宇宙産業用コネクタは、宇宙用途で使用される電子機器内で利用されます。このエリートタスクへの採用資格を得るためには、コネクタは、テストされ、米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(あるいは、どの国が代表する場合でも、その宇宙機関)の承認を得なければなりません。宇宙で使用されるすべての機器と同様に、それらは、ガス放出(封入空気の放出)および、宇宙用途での使用に適していることを確認する残留磁気(他のメカニズムに干渉する可能性)についての厳格なテスト要件を満たさなければなりません。ガス放出と残留磁気は、直近の搭載コンポーネントに悪影響を与える可能性があります。特定のミッション毎に随時異なりますが、NASAとESAでは類似の要件が用意されています。

それらのユニークなミッションに、宇宙産業用コネクタは、その形状、大きさ、重要性(軍用コネクタとは異なり)に関連する特別な要件を満たさなければなりません。宇宙船内のスペースは限られているので、スペース用コネクタは、何をさておいても、コンパクトでなければなりません。重量はもう一方の重要な考慮事項です。宇宙への打ち上げにかかるペイロードに掛る費用は、直接ペイロード重量が影響することから、軽量コネクタが最適です。しかし、スペース用コネクタはただ単に小さく、軽量であれば良いというものではなく、同時に非常に信頼性が高くなければならず、衝撃、極端な温度や振動などの厳しい環境条件に対して十分な耐性を備えていなければなりません。残留磁気とガス放出の低レベルが重視されることから、スペース用コネクタの製造に使用する材料が特に重要です。多くのメーカーは、エラストマーおよびプラスチックを材料としてコネクタを製造します。これらの材料のいくつかは、経時的にガスを放出し得る化合物を含む可能性があることから、コンポーネントサプライヤーは、製造工程中にそれらの含有する化合物を頻繁に除去(通常ベークアウト工程を介して)しています。

用途

3つの主要なカテゴリのコネクタが、宇宙飛行アプリケーションで使用されています:D-subミニアチュア、超小型と円形コネクタです。エンジニアが宇宙で使用するためのコネクタを選択する場合、アプリケーションのタイプとサイズ要件だけでなく、激しい物理的な状況に遭遇した場合を考慮します。丸型コネクタはヘビーデューティーケーブルとパネル実装アプリケーションに使用されるのに対して、D-subとマイクロ-Dコネクタは広く、PCB上、パネル実装および、基本的なケーブルアプリケーションで使用されます。

製品

Positronicは宇宙飛行で使用するための厳格な資格を満たす高性能Dサブミニコネクタの大変評判の高い信頼できるサプライヤです。これらのコネクタはゴダード宇宙飛行センターのS-311およびMIL-DTL-24308クラスM仕様に認定されていますが、これらのスペースコネクタは、高性能、非ガス放出、低磁気特性を必要とするアプリケーションでの使用に適しています。広い範囲の終端スタイル、コンタクトの多様性、および、多くの可用性を持つアクセサリー(軽量アルミフード/バックシェルを含む)が提供されるこれらのコネクタは、高い信頼性に裏付けられています。これらのコネクタは、コネクタ·セーバオプション、固定および、着脱可能なコンタクトを備えていて、コンタクトのメス側には、特許取得済みのPosiBandクローズドエントリデザインが採用されています。さらに、標準および、異型高密度コンタクトに加えて、混合密度(コンボ-D)オプションが、電源、信号、同軸ケーブルおよび、高電圧への対応を容易にするため利用可能です。